« 滋賀県移動断念 | トップページ | FDに赤穂市から参加します »

2009.07.25

FD直前企画~FDコンテストでcw交信デビューしてみませんか?

一回書いたのが操作ミスで消えたので端折り書きです・・・orz

なぜかと言うと「コンテストだと単純な文のやり取りだけが中心の上、決まったことしか送ってこないので簡単」だからです。しかもコンテスト(VUHF帯)のほうがゆっくりのcwが多いと感じます。少なくとも3エリアでは。

コンテストや移動サービスのQSOは本当に簡単な内容を送っているだけなので、実はそんなに構えなくても簡単に交信できます。あなたもcwデビューしてローカル局を驚かせませんか?(笑)
#ひどい話、メモリーキーヤーを使っていると、3種類の文を送信するだけで終わったりします。coldsweats01
電話と比べてマルチの上積みや珍しい市町村が取れる可能性もあがるかも??happy01

決して私がフィールドデイコンテストにcw部門で出るから援助交信してほしいとかって言う下心は・・・多少ありますcatface ぜひよろしくお願いします。

#なお、「とりあえず簡単な交信を目指す」だけなので、普通に交信するのには遠回りの可能性があります。現に私も実はcwが得意でなくてコンテスト形式の単純交信はかなり早いスピード(毎分160字程度)でもできますが、ラバースタンプQSOを含めた平文はすさまじいくらいゆっくり(毎分70字程度)でないとまったくできません。じっくりやってみたい方は独学、書籍、a1クラブのサイトやらでお願いします。

電話でも最初はしゃべるとき緊張したと思います。なかなかうまくしゃべれなくて恥ずかしかった体験がある方も多いと思います。cwも最初は緊張すると思いますし、失敗するかもしれませんが、電話と同じように数をこなせば慣れてきます。思い切ってはじめてみませんか?wink

で、ちょっと変わった練習方法をご紹介します。私もネットで見かけた符号から覚える方法、受信練習から始める方法、練習ソフトを使う方法といろいろやってみたのですが、取っ掛かりのハードルが高く嫌になったり飽きたりして続かなかったです。
で、送信練習から始める方法ってのをやってみました。これは私的には目標がはっきりしているのとハードルはあるものの低かったので続けやすかったと思います。符号を覚えていなくても(まったくのcw初心者からでも)問題ないともいます。

#以下「とりあえずcwでコンテストや移動サービスの簡単な交信をやってみたい」という方向けです。
私の実践体験を基にして書きますので参考になれば幸いです。

ただし、取り掛かりやすくするために悪名も名高い合調法(いわゆる語呂合わせ、ただし合理的なもの)も使います。それがいやな方はそこは読み飛ばしてください。ただし時間はかかると思います。

合調法:ごろ合わせで符号を覚える方法。利点はとりあえず早く符号を覚えられる、欠点は暗記受信が苦手になると思います。私が平文を取れないのは間違いなくこのせいです。
なお、よく言われるスピードが上がらないって言うのは「合理的」合調法ではさほどそうでもないと思います。
まず以下のページを参照してください「JK3DLKさんのページ


--------

では用意するものから。
1.パドル
2.紙と鉛筆とPC
3.気合(笑)

1.は「縦振りキー」なんて冒険はやめましょう。格好いいですけどほぼ初心者には打てませんwobbly。で、結局cwを断念しやすいです。時々飾ってあるけどパドル(エレキー用の横振り)を含めてまったくcwできませんなんて人がいます。coldsweats02 交信できるようになってから練習したのでも遅くはないです。
高いパドルを買って自分を追い込むもよし、移動用の軽いのを買って「移動でもがんばるぞー」ってやる気を出すのもよし。
移動用だったら大阪のウエダ無線とかで扱いのあるelectronicsUSAのMK-44やMK-33
GHDのGM701とかハイモンドのMK-706を使っているという話をよく聞きます。特にMK-44とかは5000円くらい。このくらいなら結局cwできなくても諦めがつきますねcoldsweats01

さあ、今週の土日で買ってきましょう。dash

2.PCは受信練習のソフトで使います。紙と鉛筆は慣れた方はPCへ直接入力でもいいですが、やっぱり書くほうが余裕がある方が多いと思います。

3.興味がないと続きません。
私の場合はコンテストに大ハマりしていたころ、知人にコンテストを見せていただいたところ、楽にマルチをとったり遠方と簡単にcwで交信するのを見たのがきっかけです。何が何でも追いついてやるーってね。
それまではまったく興味がありませんでした・・・覚えるのめんどくさかったし。
「近所のローカルさんにcw cw言われてうっとおしいので見返したい(実話)」
BLOGでこんなのも聞こえるみたいに書かれているのがうらやましい」
「cwでもサービスお願いします って言われる度断るのがちょっと(体験談)」
「隣の県のマルチが取れなかったといったら、cwではでてたよとか言われて悲しい(体験談)」
「岐阜コンテストはcwと電話が別々にカウントされるのでcwができないと不利(体験談)」
「jクラスタにJO2の移動マニアの方が珍しいところからでているのがスポットされているけど、いつもcwしかでてこない」

とかなんでもokです。

------

では不安点は何でしょう。
1.聞き取れない
2.送信できない(符号を覚えていない)
3.書き取れない
4.何を打たれるか不安(交信内容がわからない)

ぐらいかなーと思います。
1.2.3.は最近はpc送受信するという裏技があります(笑)

1.2.はまとめて解決しましょう。とりあえずすさまじいくらいゆっくりで送信練習からはじめましょう。さあ、今すぐ。必要なのは「A-Z」と「0-9」までと「/」=「-・・-・」、「?」=「・・--・・」です。あとは記号とか使いません。私も知りませんhappy02

------
では開始です。

まず送信練習から始めましょう。受信練習?そんなもん後からでもどうにでもなるし、送信練習と並行するほうがいいと思います。受信練習だけやっててもハードルが高く気がめいってくるだけです。符号が覚えれていない?最初は見ながらやっていてもこの方法だと嫌でも覚えます。

まずはパドルと無線機をつなぎます。最近のメーカー製無線機はほぼキーヤーが内蔵されているのでそれをonにして、あと送信しないようにブレイクインをoffにします。で、サイドトーン(モニター音)の調整をします。あとキーヤーのスピードを思いっきり下げます。これで送信せずに打った音だけを聞くことができます。

まずは短点と長点を打ちますが、使う手とか親指側をどちらの方にするかは好みです。
個人的にはLOGを書くため、利き手の反対側のほうでパドルを打つのがいいとは思います。(右手で鉛筆持つ方ならパドルは左手)
長点短点は親指のほうが動きが遅いから・・・って言うので長点にされる方が多いようです。

ではアルファベット順の送信練習からはじめます。最初は毎分30字(6wpm)とかでもいいです。遅すぎるかなっていうぐらいからゆーっくり行きましょう。
#毎分25字=毎分5語(1語は5文字と計算する)=5wpm

モールス符号のA-Zと0-9までと「/」「?」の表をどっかから印刷して目の前におきます。まずは表を見ながら、PCのソフトや無線機の受信練習符号発生機能で自分の打とうとするスピードにA-Zを打たせて聞いてみましょう。で、それと同じように符号を打ちます。最初のうちは無理に符号を覚えなくても、モールス符号の表を見ながらでかまいません。正確に打つほうに重点をおきます。ソフトはトンツー事始め <独習版>などがいいかもしれません。

ひたすらアルファベット順に打ち続けて練習してください。数をこなすことに意味があるので、途中で文字を打つのを失敗してもそこから打ち直して続けていきます。ただし確実に打ちましょう。文字と文字の間はちゃんと空けましょう。自分のコールサインの打つ練習なんかは後でいいです。そのうちいやでもたくさん打ちますから(笑) 

短点を1とすると、長点は3、符号と符号(短点や長点)の間は1、文字の間は3空けるのが基本です。間をつめて打つと符号がこんがらがってわかりません。たーまにそんな人がいますが。

で、符号を打つとともにちゃんと打てているか聞かないといけないので、受信練習も兼ねられるはずです。また符号自体もなんとなく覚えてくると思います。まずはそこからです。目で打っているのを確認するだけではなくて、サイドトーンをちゃんと出して自分の耳で確認してください。

(合調法使用者のみ:で、ここで符号を打ちながらDLKさんの合理的合調法を口ずさみます。恥ずかしがってはいけません(笑))

ちゃんと打てるようになってきたら、順々にスピードを上げていきます。受信だけの練習?何回も言うようにそんなもん後回しです。とりあえず打てないと話になりません。最終的には早めの交信で使われる毎分120字(24wpm)くらいを目標にしてみましょう。ひたすら打つべし。で、何回も打っているうちにだんだん「A→・-」「B→-・・・」って符号表を見なくてもでてくるようになっているでしょ?


------

次のステップです。だから受信練習や自分のコールサインはまだ後です(笑)。インターネットで適当な英文を探します。それをひたすら打ちます(笑)これが意外と最初難しいです。まずとっさに符号が出てこないし・・・。で、これも最初ゆっくり、だんだんスピードを上げます。これで完璧に符号「A→・-」とかは出るようになっていると思います。

------

次のステップ。やっと受信練習がやってきました(笑)
最近は受信練習用に適当な文字を出すやつがありますが、実践向きではありません(笑)
私はwindows用しか知らないのですが、pilemaniaとかcw freakみたいなコールサインが来るやつを使いましょう。ちなみにとりあえずDXはやらないのなら、JAだけで受信練習するほうがいいです。でも油断するとUAとかHLから呼ばれたときにパニックを起こすので(笑)ご注意を。

ひたすら聞き取ります。PCの入力苦手な方はいったん紙に書いてPC入力するといいです。でも直接打つのに慣れておくとあとあとLOG入力が楽だと思います。

pilemaniaは実践的でいいと思います。慣れてきたら、ランダム文字系もやっておきましょう。(DLKさんの合理的合調法を使う方は、最大限に駆使しましょう。もうすらすらでてくるはずなので意外と苦労しないと思います)
コールサインを一気に数文字メモするのが難しいという方はCWTQTで、1文字からだんだん文字数を増やして慣れていきます。

ただ・・・、以下を読んでくださいね。

ここで交信パターンを解説をしておきます。 E:がCQ出しているほう(JI4EAW)、O:が呼ぶほう(JO3OMA)
1.コンテストQSO 丁寧版
E:CQ TEST DE JI4EAW/3 JI4EAW/3 TEST K
O:JO3OMA/3
E:JO3OMA/3 GA OM UR 59924P BK
O:QSL UR 5NN27M BK
E:CFM GL 73 TU E E
O:TU E E
E:CQ TEST DE JI4EAW/3 JI4EAW/3 TEST K

解説
・TEST=コンテストの略、CQの出し方はコンテスト規約で決まっていたりするのでそのとおりに。
・DE=こちらは
・K=どうぞ(送信終了)の意味(交信が始まっていないときに基本的には使う)
・GA=Good Afternoon=こんにちは 類似品にGE=こんばんは GM=おはようございます GN=おやすみなさい
・OM=敬称、よく電話でも~OMとか言ってますね。交信相手のハンドル(電信用の略したニックネーム)や名前を知っていたら「NAGAI OM」とか打ったりもしますが、コンテストでは省略することが多いです。
・UR=RSTレポートやコンテストナンバー前に前置きする「あなたは」の意味、これも多々省略します。
・BK=交信中のどうぞの意味です。Kは特定の相手と交信していないとき、BKは交信中との違いがあります。KN(続けて打つ)も使うようですが。
・QSL ここでは確認(コピー)しましたの意味です。
・5NN 魔法の呪文シグナルレポートの「599」の省略形です。9(----・)→N(-・)、0(-----)→O(---)またはT(-)、1(・----)→A(・-)を良く使います。
#要するに長点を省略しとるわけです。
・CFM ここでは確認しましたの意味です。QSLの人とCFMの人と両方います。
・TU=THANK YOU=ありがとうの意味
・E E 別れの名残を惜しんで打っているようです。

2.コンテスト高速省略版
E:CQ TEST JI4EAW/3 TEST
O:JO3OMA/3
E:JO3OMA/3 5NN24P
O:R 5NN27M TU
E:TU CQ TEST JI4EAW/3 TEST

短いですねー。CFMとかもR(了解の意味)で終わらせたりします。
でてこなかったけどよく使われる符号
・NR? ナンバー(=NR)がコピーできなかったので再送してください
・AGN もう一度(NR AGN?とか使う)
・PSE お願い(PSE QSY 21?=21MHzにQSYしてもらえませんか。マルチバンドやっている知り合いによく言われたりします(笑))
・CL オンエア終了

「?」 便利な符号です。基本は「?」の意味です(ぉぃ)
使用例:
・NR?=ナンバーがわからん
・(CQ出して複数に呼ばれた後に)JO3?=JO3の後がわからない(電話で言う「JO3あとわかりません、JO3の方再度どうぞ」)
・(CQ出して複数に呼ばれた後に)?=まったく取れなかった(電話で言う「わかりませんQRZ?」)
・CQ出す前にしばらく受信したあとで「?」を叩くと「周波数チェック」的な意味(QRL?もつかいますね)
・自分のコールサイン打つまもなくパイルで交信している最中とかにいきなり「?」を叩かれる=たまにはコールサイン打ってくれ(コールサインがわからない)の意味
#でも、自分が叩かれたときはもう少しコールサインを送出するようにしてくださいね。あと、叩くほうは安易に使わないように。ワッチ不足なだけで他に聞いている人や叩かれた人は嫌な思いをしているかもしれません。


3.移動サービスQSO
#いわゆるJCCサービスとかやっているやつです。
E:CQ CQ DE JI4EAW/3 JCG24010/A PSE K
O:JO3OMA/3
E:R JO3OMA/3 GE UR 5NN FB BK
O:R GE UR 5NN BK
E:QSL 73 TU E E
O:73 TU E E

移動運用地は気にする人と気にしない人がいます。聞かれなかったら別に移動サービスしている人向けには打たなくていいと思います。あと油断しているとハンドルを聞かれたりします。わからなかったら最初のうちは強引に73打って終わりましょう(ぉぃ)
QTH聞いてこられた場合はこんな風になります。

E:CQ CQ DE JI4EAW/3 JCG24010/A PSE K
O:JO3OMA/3
E:R JO3OMA/3 GE UR 5NN FB BK
O:R GE UR 5NN BK
E:QSL PSE UR QTH?
O:R JCC2718 BK
E:R JCC2718 QSL 73 TU E E
O:73 TU E E

解説
JCG:いわずと知れたナンバー。ハムログ等のいわゆる町村ナンバーは「/の後に打つ」、「打たない」、「数字のあとに続けて打つ」の順で多い気がします。
FB:とてもいいですよの意味 なんか定型句化しているような気もするが気にしたら負けかもしれない。

4.省略形JCCサービス
Esとか衛星とか新市とか。打つほうはハイスピード(私は32wpm以上)で叩いていますが、私は正直パイル制御が主目的なので慌てた符号を送ってこなくても大丈夫です。ゆっくり呼んでください。たぶんこんな人は多いと思います。

E:CQ JI4EAW/3 35010K K
O:JO3OMA/3
E:JO3OMA/3 5NN
O:R 5NN TU
E:TU JI4EAW/3 35010K K

とまあ、極端な話コールサインとナンバーが取れたら問題なし。しかも呼ぶほうなら、聞いて事前にメモしておけば慌てる要素はほぼなしです。で、勘のいい方はお気づきでしょうが、コールサインとRST+ちょっと しか送信していません。

意外とこんな通信だけやっている人も多いです。(少なくとも私はそう)

そんな訳で、コンテスト・移動サービスのみ呼ぶのなら、厳密に全部の文章が一発で取れなくてもなんとかなるというのがお分かりでしょうか。

-------

ではぼちぼち、とりあえず実際の交信を聞いて見ましょう。とりあえず聞いていて難しいことを打ってきているような人や、短点・長点が良くわからない符号(納豆符号とか言ってます(笑))を打つ人、毎回文章が違う人、あまりに早い人、結構なパイルになっている人はパスしましょう。(笑)
しばらく聞いてこれなら呼んでも大丈夫だなーと思ったら、メモリーキーに「自分のコールサイン」、「UR 5NN BK」「73 TU E E」を登録して使用しつつ呼んでみましょう。自分が安心して交信できるスピード(16wpmとかでok)で。親切な人で、パイルとかになっていなくて、対応可能ならスピードをとっさに合わせてくれるか、文字と文字の間を空けて取りやすくしてくれるはずです。少なくとも私は結構そうしていただきましたし、自分もそうするように心がけています。

意外とあっけなく交信できてしまうので驚くと思います。頑張ってください。数をこなせばいろいろなパターンもわかってくると思いますし、楽しくなってきます。

コンテストならゆーっくりCQを出してみるのもいいかもしれません。最悪コールサインとナンバーだけコピーできればいいし、ゆっくりなら呼ぶほうも「慣れていない人だ」と配慮して呼ぶのが普通です。早いcwを符号間隔もあけずに呼んでくる人cryingには「PSE QRS(ゆっくり打って)」とか「?」と打ってそれでも早い場合は無視しましょうbleah 得点とかが欲しくて呼んでくるのにこちらに合わせないとは失礼以外の何者でもないのでかまいません。

------

私みたいにここで終わってしまうのもいいでしょうし(否定的な意見が多いとは思いますが、cwが苦手だけども、電話系が設備的に苦しい私は割り切っています)、step upしてラバースタンプから会話のQSO、果ては和文とかいろいろ楽しみ方はあるはずです。

cw交信の取り掛かりのきっかけになっていただければ幸いです。

|

« 滋賀県移動断念 | トップページ | FDに赤穂市から参加します »

コメント

毎度です(^^)

私もえあw師匠がCWデビューのお相手ですが、本当に何かのきっかけがあれば大丈夫なんですよね。今では自分からCQも出せるようになりましたし・・・

私の場合は自宅の設備がしょぼいこともあって50MHzはほぼEsのみです。よって7MHzCWとかで練習していますが、7010KHz付近には記念局やJCC/Gサービスの局がよく出ていてえあw師匠の書かれたような簡単なQSOが行われていて良い練習材料になっています(^^;

というわけで皆さんFDではCWでもお会いしましょう(^^)

投稿: JO3OMA | 2009.07.26 10:38

7MHzも7.015より上になってくると、ラバースタンプやら和文やらで難しいですけど、OMAさんのおっしゃる7.010前後あたりで土日だと簡単な交信がほとんどです。

補足説明&サンプルでコールサイン使わせていただいてTNX!>OMAさん

投稿: JI4EAW/3 | 2009.07.27 06:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28813/45734329

この記事へのトラックバック一覧です: FD直前企画~FDコンテストでcw交信デビューしてみませんか?:

« 滋賀県移動断念 | トップページ | FDに赤穂市から参加します »